2017.06.11

NuAns NEO [Reloaded]

NuAns NEO [Reloaded]

…。結局初日に購入してしまいました。

今まではXperia Z5の白ロム(docomo)+IIJmioのSIMという形で使っていましたが、Z5のバッテリーの保ちが心許なく感じるようになっていた状況(1日1、2回充電)。この際…ということで。今後のZ5はもしものためのバックアップ的な役割として使っていく予定です。

購入の決め手は、やはりミドルクラスのSIMフリー機でモバイルSuicaが使える、というところでしょうか。

他に考慮したところについては、こんなところ。

  • 定期的なアップデートが期待できる。(キャリア端末は…どうもねえ)
  • キャリア独自のアプリがない…ので、怪しい動きがあるかどうかを確認する必要がない。(GPSとか)
  • SONY独自ソフトが使えない。アルバムとか。…まあ何とかするしか
  • カメラ機能はXperiaと比べると多少心許ない。割り切りは必要
  • (そもそもXperiaからJ1以降のSIMフリー機が出ない)

カメラについては電源キーを2回押すと、カメラアプリが起動するようです。(他にも、設定でシャッター音を消せたり)

レビュー記事はたくさんあるので、そちらの方でスペックなどを確認した方が良いとして。

1日使ってみると、Z5より端末が厚いので多少の違和感はあります。操作に対する反応はZ5と比べてもそれほど気にならない程度。モバイルSuicaもあっさりと動作するようになりました。

ひとつ気になった点があって、左画面端からのスワイプ操作がかなりの確率で失敗する模様(おそらく右画面端からの操作も同じでしょう)。アプリによっては画面端からスワイプしてミニウインドウを引っ張り出す操作もあるので、それらのアプリを使っている場合は致命的になるかもしれません。…現にそういうアプリを使っているので困ったなあと。

上記のようなところはありますがまあぼちぼち使っていくことになるでしょう。

p.s. 2010年4月1日にXperia初代を購入してからXperiaシリーズだけを使い続けていましたが、ひとまずのお別れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.23

フレッツ光プレミアムからフレッツ光ネクストへ

フレッツ光プレミアムがついにサービス提供を終了するとのことで、自宅マンションにもフレッツ 光ネクストの工事が可能になったという連絡が。早速プラン変更の手続きをしました。

光プレミアムでは、CTUの挙動が怪しかったこともあり、早々に光ネクストに切り替えたかったというのもあります。ただ、光ネクストに切り替えると速度が遅くなったとの情報をよく聞く(情報元:google)ので、そこら辺は不安になるところではありますが。

で、工事の日。ハードウェア的には光プレミアムで使っていた3台(VDSL終端装置、CTU、VoIPアダプタ)を取り外し、「VDSL宅内装置」と「ホームゲートウェイ(ルータ兼VoIPアダプタ)」の2台に取り替えてほぼ終了。

接続方法ですが、光プレミアムを使っていたときはCTUを使わずに、無線LANルータのPPPoEを使って接続していたこともあって、無線LANルータをホームゲートウェイにつなぎ替えるだけで終了。ホームゲートウェイの設定をせずにできてしまいました。(ホームゲートウェイのPPPoEブリッジ機能がデフォルトで有効だったのでそのままできたようです)

早速スピードテストを(土曜夜)。 http://www.bspeedtest.jp/

20170322flets00


…下り3.27Mb/s、上り29.85Mb/s。あれ?
何度やっても変わらず。下りが10分の1に?
他のテストサイトでは:Radish Network Speed Testing Ver. 5.2.2 β http://netspeed5beta.studio-radish.com/

20170322flets01


下り33.30Mb/s、上り83.14Mb/s。かなりの振れ幅があります。タスクマネージャを監視していると10Mbps以上でる場合もあったり、ニコニコ動画では1Mbps以下の時もあったりと、接続先によりかなり不安定。
フレッツ網部分だけの測定ができる(はず)のフレッツ速度測定サイト( http://www.flets-west.jp/speed/ )で試すと、下り80~90Mbpsの表示が出ました…ので、接続先プロバイダにかなり原因がありそうな予感。(@niftyのことですよ)

20170322flets02

後日、深夜では、96.52 Mb/s&25.79 Mb/s( http://www.bspeedtest.jp/ )の表示が出ることを確認したので、かなり不安定なのか、時間帯で絞っているのか。…はっきりいってよく分からない感じです。しばらくは監視するしかないでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.28

QNAP(TS-251A)のメモリを8GBに増設

結論:まあなんというか疲れた。メモリ増設済みのNASを購入したほうが精神的に楽。

TS-251Aのメモリは2GBなので、4GB以上必須のアプリケーションは当然動作しません。Linuxとか、Linuxとか(Windowsとか?)。

そこでメモリ増設をしようとするわけですが、ここで問題が。純正品相当のメモリは相当高いし、かといってNASを販売している店に訪ねてみると「相性問題があるので、保証できない」とか言われたりしました。
某所でQNAPの説明員にも聞いたけど、まあ、ねえ…

仕方がないので、いろいろと検索してみると、これならいけそうというメモリが引っかかりました。

Amazon.co.jp: Crucial [Micron製] DDR3L ノート用メモリー 4GB x2 ( 1600MT/s / PC3-12800 / CL11 / 204pin / 1.35V/1.5V / SODIMM ) 永久保証 CT2KIT51264BF160B: パソコン・周辺機器 https://www.amazon.co.jp/dp/B005LDLVAO

TS-251Aは一応8GB上限なので、安全にこれを。これの16GBものでも動作するという情報もありましたが、最近のメモリは高い(値上がりした?)ようで、そこまで冒険できず。ちなみに、Amazonで注文しましたが、一月経っても入荷しなかったので、キャンセルして別の通販で購入したり。

購入当時は6,480円(税込)。到着後、メモリを入れ替えて再起動。あっさり8GBを認識しました。

では恒例の(?)装着手順を。

Qnap001

取り替え前。HDDを抜く前に番号をつけて、差し直すときに間違えないように…。

Qnap002

後ろのねじを2つ外します。

Qnap003

NASの底面をみると、いかにもずらして外すマークがあるので、ずらして取り外します。

Qnap004

取り外して、左側側面から。HDDの入れ物となる金属物を外すため、○印のところにあるねじ(6カ所)を外します。画像で見えていないところです。×印のねじは外さないように。

Qnap005

6つのうち、2つは裏面にあります。ねじを外して、金属箱を取り払うと…

Qnap006

こうなります。メモリが見えるので、購入したメモリと交換します。ADATAなんですな。へー。PCI-Eは4xですかね。

交換したあとは、逆順に組み直して、電源を入れるだけです。

***

こんな面倒なことをしたくない場合は、最初から増設済みのものを購入しましょう。(例:オリオスペックの8GBモデル(動作検証済)で税込52800円とか http://www.oliospec.com/shopdetail/000000004903/99/page2/order/ )

※まあ、そもそもこんな機能ができる~という触れ込みなのに、その機能はメモリ不足で動作しない、という製品のみ売るめーかーもどうなんだという思いもありますが、そこのところはどうなんですかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.29

QNAPのNAS(TS-251A)を買ってみた

動画エンコード周りでちょいと必要に駆られて購入してしまいました。

目的は安定してHDDアクセスができること。今までは書き出し先にUSB3.0のHDDを接続していましたが、HDDケースの個体によってはアクセス中にUSB接続が切れて、書き込みエラーが頻発するという問題が。…SATA接続にすればいいという話もありますが。
Qnap00

で、QNAPのTS-251A。外出先からの動画視聴もできるし、Linux?も使えるし、ということで…。

紙のマニュアルは不親切(英語がメイン)なので、QNAPのWebサイトから日本語ガイドをチェックすれば良いかと。(とはいえ、そこにたどり着くまでの導線があまりよろしくないような気はしますので、初心者にとってはかなり難しいかも)

で、QuickAccessという、PCからUSB3.0をつないで直接アクセス機能があるので、早速試してみました。いろいろ設定してから、前面のUSB(USB3.0用microB)に挿すと、

Qnap01

Qnap02

んんん?となって、

Qnap03

こうなりました。198.18.0.*のNASとして認識されるようです。…はて、こんなネットワーク設定って良かったっけ?と思って調べてみると、多分RFC6890(Special-Purpose IP Address Registries)に書かれているようです。

→ https://tools.ietf.org/html/rfc6890

Benchmarking

…ベンチマーク、と読めるんですけど。こういう割り当てなんですか。うーむ。どうなんだろう。

ともあれ、厳密にはUSB3.0接続とは言えないでしょう。ベンチマークも3.0フルに出ていないようです。それでも別帯域でアクセスできるので、ネットワークの輻輳対策にはなる…かも?

他にもいろいろ多機能(だけど、どこまで使えるかは…)なNAS、ぼちぼちと使っていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.27

最近のPCについての雑感

2015年末のちょっとした雑感。

今年は例年と違って、新CPUが出回ってもそれに対応していない日本メーカーのPC(ノートPCなど)が結構あったりします。

…まあ、業績が厳しくなってきているのは分かりますが。Windows10版の新PC(秋冬モデル)で前世代CPUのままがどれだけあるか、というところをざっくりと調べてみました。主なメーカだけです。(★が旧世代CPU)

富士通 lifebook … CHはシリーズの構成上変えない方向?

  • GH (Win10版なしなので除外)
  • AH i7-6700HQ など
  • SH i7-6500Uなど
  • CH i5-4200U ★

NEC LAVIE (LAVIE Directでチェック) …NSだけ。何があったNEC。

  • HZ i7-5500Uなど ★
  • HF i7-5500Uなど ★
  • NS i7-6500Uなど

VAIO … 開発リソースがなさそうなのは分からないでもない

  • Z i7-5557Uなど ★
  • Z canvas i7-4770HQ ★
  • Pro13 i7-5500Uなど ★
  • S11 i7-6500Uなど  (完全新開発なので新世代CPU、でしょう)

東芝 dynabook … NECに似た構成。力をいれてなさそう。[12/28追記] 忘れていた。

  • T95 i7-6700HQ/T75 i7-5500U(★)/T55 ★ …
  • KIRA V  ※第5世代 5xxx ★
  • RX73 i5-6200Uなど

こうしてみると、何とも寂しいものはあります。来年の春モデルではどうなるんでしょうか。

かくいう私は(以下略


追記:

NEC PC、4K IGZO/Skylake搭載の15.6型ノートなど - PC Watch

VAIO Z/Canvas/Pro 13のWindows 10プリインストールモデル発売 ~Microsoftが米国でVAIO Z Canvasを販売開始 - PC Watch

VAIO、重量約920gからのLTE対応11.6型ノート「VAIO S11」 - PC Watch

富士通、オンキヨー製ハイレゾスピーカー内蔵の高級ノートなど4種 ~FMVの2015年冬モデル第2弾 - PC Watch

富士通、PCおよび携帯端末事業を2016年2月1日に分社化、社名が決定 - PC Watch



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.22

新VAIO Z所感 その2(Lavie HZとちょっと比較)

VAIO Zをソニーストアでちょっと触ってきました(Lavie HZはすでに触っていたり)。SONYから離れた割には、ちゃんとVAIOのスペースがあるにつけ、SONYなしではVAIOの存在感はないのかなあ、と思ってみたり。というか、未だにSONY製品と間違われる始末。

例によって、個人的にLavie HZと比較してみましょう。

キーボードについては、思っていた以上に感触は良かったです。比較対象としているLavie HZよりは良い感じはしますが、どちらも問題ない程度。懸念されていた重量ですが、1.34kgの重さを旧VAIO Zで知っている身にとっては、「そんなに重く感じない」という謎の感覚が。確かに重量はあるんですけども。マルチフリップヒンジは…色々と試してみましたが…タブレットモードはいらないなあと、とりあえずは結論。1.34kgのタブレットモードで使うよりは、単にクラムシェルでタッチできれば良いんじゃないか。

金額的の比較(Lavie Direct/SONYストア)は、ほぼ(?)同スペックならあんまり変わらない。多分。VAIOのCPUは妥協していますが、それでもVAIO側が高スペックか。重さ以外は。

PC     Lavie HZ             VAIO Z                 コメント
重量   920g                 1340g(1.34kg)          <+420g。>
CPU    Corei7-5500U(2.4GHz) Core i5-5257U(3.10GHz) <結果的にVAIOが速い?>
GPU    HD5500               Iris6100               <これはVAIOの方が良い>
画面   13.3 2560x1440       13.3 2560x1440         <IGZO(但し表面フィルム)かPanaか>
メモリ 8GB                  8GB
SSD    256GB(SATA)          256GB(PCIe)            <PCIeの方が速い>
バッテリー 9h               15.2h                  <VAIOの方が長い>
価格   198800               209800                 <税別>

さて、どうでしょう、てなところ。

とまあ色々ありますが、全体的な感想としては「そんなに悪くない」(良いとは言わない)。惜しむらくはやっぱりマルチフリップヒンジと重量。あと重量。あと重量(おい)。

121ware.com > 製品情報 > LaVie Direct HZ タッチパネルモデル > 仕様

VAIO | 商品情報 | VAIO Z

(随時修正中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.17

新VAIO Z所感

新VAIO Zの所感をざっくりと。(Canvasは高いので、範囲外)

昔のZ2(GPU分離型)のような明らかながっかり感はなかったですが、言わば「VAIO Fit Z」みたいな印象。「モンスターPC」と言う表現ですが、うーむ…。

2in1にこだわる必要は無かったと思うのですが。マルチフリップヒンジを外してWANをつけてくれれば良かったかなと。さらにクラムシェルをもうちょっと突き詰めてもっと軽くしてくれれば…

個人的にはVAIO ZとLavie Hyblid Zero(と、今持っている初代Lavie Z)との比較になるのですが(他メーカはだいたいがVAIO Zくらいの重さになるので…)、調べてみると、キーストロークはともに1.2mmだったりするので、キーボードの善し悪しは関係ないかなと。キーボード最優先ならThinkPad X1になりますから(多分?)

ということで、簡単にまとめてみると、

  • VAIO Z:CPUの内蔵GPUがIris、メモリが16GBまでいける、1.34kgの重さ。バッテリーは公称約15.2 から15.5 時間。値段はやや高?
  • Lavie HZ(タッチパネル):軽い(920g)、メモリ8GB、液晶はIGZO。バッテリーは公称約11.6時間。

こんな感じ。単純比較では、CPU(GPU)&メモリを取るか、軽さを取るか、というところになると思われます。

…見方を変えれば、常時使うPCをVAIO Zにして、持ち運び用PCを初代Lavie Zにする、という考え方もありですけど。そこまでやってどうするという話もありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.09

使いたい放題その2

まさかこの時期に日本通信が追従してくるとは思いませんでした。

日本通信、高速通信使い放題1,980円、b-mobile SIMから新登場

b-mobile SIM 高速定額 | b-mobile

音声通話、MNPにも対応しているので、「次」への乗り換えについての有力な選択肢になってきました。

あとはIIJがどう動くか、ですが。

(OCNはパスワードネタがとてつもなくアレ、なので、使いたい放題プランがでてきても、ねえ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.02

ついに使いたい放題のLTEサービスが…

DocomoのXiプランのサービス切替(3GB→7GB)ができないという状況(単に切り替えるタイミングを逃しただけともいう)で、ますますMNPへのXデーが近づいている今日この頃。

というわけで、通話付き、LTE制限なしで2980円/月のプランが出てしまいました。

最大150MbpsのLTEが速度制限なしで使い放題・月2480円 U-mobile「LTE使い放題プラン」 - ITmedia ニュース

ただ、U-mobile内の帯域が心配ですが、サービスを提供しているU-NEXTが映像配信サービスを提供しているという点で、帯域的にはそこそこ準備があるかなあ、と想像しているわけで。

U-NEXTの二宮氏に聞く - ユーザー数が増加し続ける格安SIMサービス「U-mobile」の秘密とは? | マイナビニュース

「MNP(携帯電話番号ポータビリティ)での転入に対応している」そうなので、十分考慮にいれるべきプランだと思います。あとはSIM2~3枚プランとかも出てくれれば、といったところ。

これで、ぷららLTE(3Mbpsですが、これでも十分?)とこれと、2つの高速・使いたい放題プランが出てきました。バックボーンのネットワークが耐えられるところがこういうサービスを提供してくるのでしょうけど、実際どうなのか…というところでしょう。

個人的にはしばらくは待ち(予算の都合上)ですが、動くときにはさらに選択肢が増えていればいいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.31

Z2

てなわけで、また散財しているわけですが。Xperia Z2

20140531z2

購入はdocomoオンラインショップから。追加サービスものの対応が面倒というのもありますが、長期出張中だったから、というのもあります(自宅に帰ると届いている、という点で)。届いて、もろもろの移行作業をしてから、microSDを新SDXC規格ものにコピーして、microSIMを差し替えるくらいで終了。店頭で待たされることもないので…楽?

そうそう、本体のみを買うと、USBケーブルはついてこないので、そこのところは注意が必要です。

Xperia Zの環境をほぼそのまま移動させた状態で1週間ほど使っていますが、Xperia Zのパワーアップ版という感覚。

  • メモリが3GBに増えたからか、操作時の引っかかりもなく、とか
  • カメラがZよりも格段に進化。起動も早いしハードウェアボタンもあるし、反応も上々、とか
  • バッテリーはZと同じ使い方をしても明らかにもつ、とか
  • マグネット式の充電はちょっと面倒くさい、とか
  • Flashをどうしても使いたかったら、Firefoxをつかってなんとか。
  • 4Kは無視で。

とかなんとか。バッテリーは1日気にせずに使えそうです(が、もう少し使ってみないことには)。

あとはこのスペックで熱くならなければ十分かな、と。(Zと同じくらいの熱さなので、とりたてては問題ない…が、できればもう少し抑えてもらえればなあとは思いましたが。ああ、4Kは使わないということで)

これで、将来的にdocomoの料金形態を見据えつつ、使っていくことになりそうですが、果たして。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧