« 2018年4月 | トップページ

2019.08.30

SHARPの初Androidスマートフォンを、

使用中のXperiaXZ1。検索するとそれなりにある症状らしいですが、起動するといわゆる「スパナマーク」が表示されて起動できくなくなってしましました。起動→SONYロゴ→再起動→SONYロゴ、という無限ループになり、強制再起動とかセーフモードにもできないので、これは「終わった」かと。修理すれば直るかもしれませんが…

家で動作するスマホも相当古い(Z5!)ので急いで次の機種を…と思ったらいつものように選択肢が結構ない。というか以前と比べても全く改善されていない。

  • Xperia 1、AQUOS R3:そもそも白ロムが出回ってない(高いというのものある)
  • Pixel3/3a、AQUOS ZERO:microSDスロットが欲しいので次点
  • U11/U12+とか:すでに構想外。アップデート頻度が他と比べてない
  • AQUOS R2 compact:スペックがXZ1に似ている、ワンセグなし(そこ?)、カメラが微妙?

てなわけで、AQUOS R2 compact[SIMフリー]を選択。なにげにIGZO液晶の利用は初めてだっりします。シャープのスマートフォンは…advanced/W-ZERO3 [es]以来。

AQUOS R2 compact スペシャルサイト|スマートフォンAQUOS:シャープ

サクッと使ってみると、カメラでは残念なところがいくつかあって

  • カメラの暗所撮影が弱い(AFが迷う、自動設定時のシャッタースピードが長くなる(ぶれる))
  • 電源ボタンx2のクイック起動がない(多分)。これ重要。ちなみにAQUOS R2ではあるに何故かなくない

ただし、これ以外は今のところは問題ないように思えるので、R3のカメラ機能をできる範囲で移植してくれればなあとは思います。

そもそもXperiaとかAQUOSとかをSIMフリー機で販売してくれれば何の問題もないわけでして。総務省の分離プランが全機種SIMフリーで出すように強制するくらいでないといけないと思います。auは難しそうですが、iPhoneではできているわけですから、できないはずは無いかと。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ