« 2013年2月 | トップページ | 2013年6月 »

2013.03.23

SLINGBOX 350も…

DBR-M190が対応していたので、手に入れてしまいました。プレイヤーソフトがDBR-M190のリモコンに対応していたので、特に問題なく視聴中。しばらくはこれを使っていくことになりそうです。Remote TVは(以下略)。

とりあえず、現状ではauのRemote TVよりは使いやすいです。操作上の遅延はあります。タイムシフト番組を選ぶにはカーソルキーを使わないといけないので、その点は操作が難しいところ。

また、本体からの出力がコンポジットしかないため、表示される映像もSD画像止まり。そのあたりは仕方ないことかもしれません。最近のレコーダーはD端子はおろか、コンポジットの出力すらないものも多いようで、この手の機器が使えないというのは痛いですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.03.01

auのRemote TVを使ってみた

auのRemote TVを手に入れたので早速設定をして使ってみました。

家にはM-190(東芝のタイムシフト機)があるので、それにつないでみました。HDMI、コンポジットのケーブルが付属していますが、HDMIはコントロール用、コンポジットは映像出力用のようです。

無線LANの設定は、WPSの設定方法を「知っていれば」、それほど問題無く設定できると思います。設定できれば、Androidアプリで型番とパスワードを設定すれば、テレビ画面が表示されます。docomoのAndroidでも視聴できました(Xperia acro HD)。

30分ほど使ってみましたが、ただ見る分には良いのではないかと。録画した番組の再生もできました。画質はコンポジットなのでまあそれなりかと。ただ問題もいろいろあり、

  • モードとして「視聴モード」と「リモコンモード」がある。リモコン機能を使いたいときはいちいちモードを切り替えないといけない。
  • チャンネル切り替えは、リモコンモードにしてチャンネルを変えて視聴モードに戻す、という面倒な操作が必要。いわゆるワンセグアプリの操作よりも使いづらい。
  • ちなみに、リモコンモード時は音声がでない
  • リモコン操作で、CH UP/DOWN、音声切替(主/副音声)、放送切替の機能がある。放送切替はおそらく地上波/BSの切替と思われるが、M-190では押しても何も起こらない(=地上波とBSの切替ができない)
  • (問題点ではないですが)M-190のタイムシフトには未対応

なんてのがあります。電波の不安定なところでワンセグアプリの代替として使うには使いづらいかなと。

同じチャンネルを延々とみる分にはこのくらいの機能でも良さそうですが、少なくとも視聴中にチャンネルを気軽に変えられないと厳しいかなあ。あとはM-190に限ったことかもしれませんが、地上波/BSの切替はできないんでしょうかねえ。

購入を考えている人は取り扱い説明書が読めるので、これを読んで確認したほうが良いでしょう。

そういえば、ちょうどSLINGBOX 350の発表があったことですし、興味がある人はこちらのチェックもした方が良いかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年6月 »