« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.21

金環日食

金環食。最大食直前まで雲に覆われていましたが、最大食終了直前に雲が切れてなんとか観測はできました。最大食(金環)は一瞬だけでも見られたのでよしとしましょう。…最初に見えたときがすでに金環状態だったという。

20120521eclipse1

最大食時。↑では失敗していますが、雲の切れ間から「丸い輪」も何とか。全体も肉眼では見えたり隠れたりの状態。

20120521eclipse2

雲が切れたのは最大食後。日食のグラスを通して。さすがに晴天状態ではそのまま撮るのは無理。

(Xperia acro HD撮影後、切り出した画像)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.20

Vitaの充電環境・USBケーブル

届いたので早速使ってみることにしました。

20120520vitas

充電・通信の切り替えスイッチ付。エネループのKBC-L54Dで問題無く充電できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.13

Vitaの充電環境

やっているゲームはほとんど無いんですけど(おいおい)、充電対応のUSBケーブルがいくつか出てきたようなのでメモ。

ケーブルに切り替えスイッチがあるタイプと、単純にピン配置を変更する(と思われる)タイプ。使いやすい方を選べばいいかも。というわけで、入手することにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.02

Xperia3台目。それから

Xperia acroのあまりのメモリの少なさに閉口したあげく、acro HDを手に入れてから数週間。

20120502xperia

上から、acro HD、acro、初代。触り心地はacroが一番良かったかも。

さすがに内蔵メモリがたくさんあって、CPUもデュアルになっているので、操作性は一番良いです。というか良くなってないと困る :-)
カメラの起動はストレスがたまらないし、フリックの感覚は今までと同じでまあ快適だし(iPhone系には負けるが)、内蔵メモリが十分な容量なので、今までアンインストールしてきたアプリケーションを入れてみたり。こうしてみると過去の2台って(略)

バッテリーの保ちは、放っておいた状態ではなかなか減りません。ただ、使い始めるとacroよりは減りが早いかもしれません(体感上)。「普通に」使う限り、1日は十分もつようです。

ただ、操作上の欠点もあって、

  • メニューボタンが機械的なボタンでなくなった
  • ホームキーが電源ONの代わりにならなくなった
  • 暗いところでのメニュー系3ボタンがきわめて視認しづらい→押しづらい
  • 画面下のアプリケーションが提供しているボタンを押そうとしたら、誤ってメニューのボタン部分を押してしまうことがある
  • (欠点ではないが)バッテリーが取り外しできない(過去に予備バッテリーを買った割にを交換したことがない。電源OFF~ONで時間がかかりすぎるため。なので、これでいいかもしれない)
  • 音量キーが初代からだんだんと下側におりてきている。初代の位置が一番使いやすいのだが
  • 電源ボタンの配置が、初代、acroと比べて全く違う場所に移動した。Xperiaを触ってきた身としては、実はストレス。

このへんは慣れるしかなさそうです。ホームキーぐらいは機械的なボタンにできなかったかなあ…。

すでにXi対応の次機種が噂されていますが、まあそこは仕方がないと割り切ることにします。Xiの利用範囲が全国になってからでも遅くはないし。その前にXiの料金プランにするかもしれませけど。

まぁ、acro HDになっても、メール関係は全く良くならないんですけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミキサーが壊れた

購入したのが20年以上前なので、よくもったと言うべきでしょうけど。ずっと電源を入れっぱなしで使っていて、電源のOFF→ONで、二度と電源が入らなくなってしまいました。

20120502mixermx4s

ほこりまみれだな…。KAWAIのMX-4Sというもので、4入力にも関わらず1入力分が左右入力ありなので実質8ch相当というものでした。ラベル代わりにX68とCM-32Pが貼ってあるのもそういう目的だったわけで。さすがに今は売っていないようですが、今はこのような形の機器は多分ないんじゃないかなあ。

代わりとなる同じようなものはなさそうです(8chミキサーなら普通に売っているが)。最近ならMIDI音源みたいなものは全部PCでできてしまうし、同じスピーカーに出力させる機器も少ないので、無くても何とかなるでしょう。ちょうど、Companion2 Series IIを持っていたので、しばらくはこれで。

※BOSEのCompanion2 Series IIというスピーカーが2入力(同時再生可能)に対応していたりします。

Companion2 Series II

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »