« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011.12.25

家のVita

1-1.電源ON
1-2.WiFiアクセスポイントを自動検索して、アクセスポイントの設定をする
1-3.WiFiを使ったゲームを開始する
1-4.数回スリープ~電源ON~ゲームを繰り返す(回数、時間は不明)

2-1.WiFi接続できなくなる
2-2.WiFiアクセスポイントの自動検索で、どのアクセスポイントも見つからなくなる
2-3.強制的につなごうとすると画面が固まる(フリーズ)

3-1.電源ONすると、起動時の画面が重い(操作不可能になる場合がある)。フリーズすることもある
3-2.設定を開くと、かなりの高確率でフリーズする
3-3.ネットワーク設定までたどり着くと、1-2で設定したアクセスポイントが残っている
3-4.このアクセスポイントで接続しようとすると、フリーズすることがある(またはつながらない)
3-5.2-2の症状は継続して起こる

4-1.とりあえず、1-2で設定したアクセスポイントを削除する。
4-2.WiFiアクセスポイントを自動検索する。やはりアクセスポイントが見つからない
4-3.しばらく再起動などして繰り返すと、アクセスポイントが見つかる(アクセスポイントを削除しなくても見つかることもある)
4-4.おめでとう!フリーズからの脱出に成功  → ただし、 1-2に戻る

…という無限ループ。そして:

5. 修理発送の準備をする。

…。

ちなみに、

6. WiFiが強制的に切断されるゲームでは、フリーズ現象は発生しない

なんてのもあります。

家の無線環境が不安定なら、他のVitaを持ってきても高確率で発生するかもしれませんが(その場合はファームウエアに何らかの問題があるかも)、さすがにその選択肢はないだろうと考えて、修理に出すことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.24

VAIO Z購入。ただし中古

中古屋で状態が良いものを見つけ、悩みに悩んで購入。10万でおつりがきました。

VPCZ11AGJ | 製品別情報 | サポート | VAIO | ソニー

2010年3月発売モデルのVAIO Zですが、

  • CPU:Core i5 540M(2.53GHz)
  • OS:Win7 Pro
  • メモリ8GB(Max)
  • 解像度:1080
  • SSD:256GB
  • GeForce GT 330M

というわけで、解像度とSSDが決め手に。購入してからバッテリーも問題ないように見えるのでひとまずは良かったものだと思います。

※参考:ストリートファイターIVベンチマーク:標準(1280x768、ウインドウ):score 9336, average 53.04fps

中古PCを買ったは初めてですが、中古の方に魅力的な機種があった、というのも変な感じですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.19

ジョイスティックのスティックを換装してみる

てなわけで、セイミツのスティックを買ってきて変えてみました。

20111219joystick

とりあえずは写真だけ。取り出したレバーは元々ささっていた三和レバー。いろいろとWebサイトをチェックしてから取り替えましたが、確かに取り替え後のセイミツ用ネジ穴が切ってなかったので苦労しました。

ついでにもうひとつ。

20111219fightstick

MadCatsのSuper Street Fighter IV Arcade Fightstick Tounament Edition "S"  Xbox360版。表から外せそうでしたが、アクリル板と本体が接着材(?)ではがれにくくなっていたため、はがすと後が面倒ということで、裏側だけ開けて換装した、の図。海外の映像だと簡単に開けているようですが、日本版では接着材の範囲が違っているのでしょうか。

※↑は、「Madcatz TE S Stick Custom Ball - 1080P(http://www.youtube.com/watch?v=l-wBT98ngfA)」

こちらはセイミツ用ネジ穴がちゃんとあったため、比較的楽にできました。

換装してみましたが、確かに感覚に違いがあり。シューティングならセイミツというのも頷けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.11

工藤の引退

48歳・工藤ついに現役引退「投げるたび肩が壊れて」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

29年。

個人的なネタがあったけど、そのネタが見つからないのでメモとして残しておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »