« フレッツ光プレミアム:PPPoE接続後いろいろ | トップページ | この人のやったこと »

2011.08.29

LED電球を風呂場につけてみた

ちょうど電球が切れたので、LED電球を買ってきました。

今まで使っていた電球が40Wだったので、40W相当の明るさと、ほぼ全方向に光が届く触れ込みの、東芝のLDA8L-G(電球色)を購入。消費電力は7.7Wとのことですが、3680円は高い…。

説明には 485lm とのこと。実際に取り替えて明るさを比べてみると、切れる前の電球よりは少し明るい印象。買った値段くらいに長くもてばいいですけど。

普通の電球と比べると少し長くなっているので、買う前にはとりかえても問題ないか確認しましょう。

参考にしたところ:

ここを読んでいると、店頭で気になっていた、パナソニック製品のことが書いてありました。 パナソニックのは、根元部分が妙に明るかったんですが、

東芝は、グローブの上部がまぶしさを感じるほど明るくなり、放熱部に近づくにしたがって減光する。一方パナソニックは、放熱部付近から強い光が放たれ、上方は直視してもさほどまぶしくならないのだ。また、電球を床に置くと、東芝は光が全体的に柔らかく拡散するのに対し、パナソニックは床から横方向に
力強い光が照射される。

…とのこと。しかし店頭だと他の光の影響もあって、電球の光の強さが分かりづらいのはちょっと困ったかな、と。

なんだか、amazonだと安いんですけど。(8/29時点で3218円)

|

« フレッツ光プレミアム:PPPoE接続後いろいろ | トップページ | この人のやったこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/763/52593157

この記事へのトラックバック一覧です: LED電球を風呂場につけてみた:

« フレッツ光プレミアム:PPPoE接続後いろいろ | トップページ | この人のやったこと »