« F1 2010 日本GPと鈴鹿サーキットのネット環境 | トップページ | 韓国GP »

2010.10.23

PCIバスのUSB3.0インターフェースボード。

てなわけでこんなものを買ってみたり。

玄人志向 - 商品一覧 » セレクトシリーズ » インターフェース » USB » USB3.0 » USB3.0N-LPPCI

PCI expressスロットが埋まっているので、先週発売になったPCIバスのUSB3.0インターフェースボードを購入。……名古屋ではどこにも見かけなかったので(やはり際物だからか?)、仕方なく通販で。

付属のドライバCDで問題なくインストールしたあとで、CrystalDiskMarkを使っていろいろ試してみました。
※接続したドライブはそれぞれ違っているので、参考程度に。

USB3.0とSATA(マザーボード)

・USB3.0N-LPPCI → USB3.0 HDD(2TB)
Sequential Read :    76.656 MB/s
Sequential Write :    59.446 MB/s
Random Read 512KB :    34.295 MB/s
Random Write 512KB :    48.601 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     0.526 MB/s [   128.4 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :     1.247 MB/s [   304.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :     0.538 MB/s [   131.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :     1.187 MB/s [   289.9 IOPS]

・SATA HDD(1TB)
Sequential Read :    87.367 MB/s
Sequential Write :    81.531 MB/s
Random Read 512KB :    26.835 MB/s
Random Write 512KB :    40.576 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     0.344 MB/s [    84.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :     0.709 MB/s [   173.2 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :     0.459 MB/s [   112.0 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :     0.755 MB/s [   184.4 IOPS]

当然ですが、SATAの方が上。HDDの違いを除いても、そこそこ健闘しているのではないかと。

USB3.0インターフェースにUSB2.0をつないだ場合
※HDDは同じものを使用

・USB3.0N-LPPCI → USB2.0 HDD(1TB)
Sequential Read :    32.202 MB/s
Sequential Write :    30.241 MB/s
Random Read 512KB :    19.600 MB/s
Random Write 512KB :    31.151 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     0.340 MB/s [    82.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :     0.763 MB/s [   186.4 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :     0.457 MB/s [   111.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :     0.762 MB/s [   186.1 IOPS]

・USB2.0 → USB2.0 HDD(1TB)
Sequential Read :    28.594 MB/s
Sequential Write :    28.716 MB/s
Random Read 512KB :    18.144 MB/s
Random Write 512KB :    29.789 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) :     0.337 MB/s [    82.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) :     0.748 MB/s [   182.7 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) :     0.427 MB/s [   104.3 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) :     0.775 MB/s [   189.3 IOPS]

微妙にUSB3.0N-LPPCIの方が、良いような。CPU負荷はこれも微妙ですが、USB3.0N-LPPCIでつないだ方が負荷が低いような気がしました(実際に使ってみるとどうなるか)。

可もなく不可もなく、といったところです。これからはUSB3.0が標準でついてくるはずですから、それまではこれでしのげそう、かも。

|

« F1 2010 日本GPと鈴鹿サーキットのネット環境 | トップページ | 韓国GP »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/763/49818386

この記事へのトラックバック一覧です: PCIバスのUSB3.0インターフェースボード。:

« F1 2010 日本GPと鈴鹿サーキットのネット環境 | トップページ | 韓国GP »