« Appleの2ボタンマウス | トップページ | 被害者意識は相当なものだが… »

2005.08.11

隠蔽工作が失敗する場合とは

携帯向けフルブラウザ「Scope」(プログラマーズファクトリ)のメール機能で、ユーザー・パスワードが Referer経由で漏洩する問題。 最新版では直っているが、開発元がその欠陥があったことを隠蔽しつづけている、という話。

 

カカクメソッドもアレだが、 漏洩原因が明らかになっているのに隠しつづけることはさらに意味がない。

誰かがIPAに脆弱性の連絡をしたら、どう対応したのだろうか…。

|

« Appleの2ボタンマウス | トップページ | 被害者意識は相当なものだが… »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/763/5421197

この記事へのトラックバック一覧です: 隠蔽工作が失敗する場合とは:

« Appleの2ボタンマウス | トップページ | 被害者意識は相当なものだが… »