« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »

2004.04.28

携帯電話とPhishing詐欺とか(?)

Phishingって、最近出てきた造語でしたっけ? →phishing――だましのメールに釣られるな

ある携帯の間抜けな仕様が、最近の各種詐欺行為を助長しているという話は、 何とも…というところはあります。ヘッダ部分にIDがまぎれれ込んでしまうと ユーザー側は対処しようがないわけですし。

私ゃAirH"なのであんまり関係ないなあと思っていたら、発売予定の京セラAH-K3001なんですが:

ところで、先日、DDIポケットから、WebブラウザとしてOperaを搭載するPHS端末が 発売されるとの発表があった。ASCII携帯24の以下の記事にその画面が載っているのだが、 アドレスバーが存在しないように見える。

確かに。titleタグの表示は行われるようですが…。うーん、簡単にはいかないものですねえ。 買った場合には用心して使い方を考えないと(とはいえ、見るURLは限られてくるものですけど)。 ところで、Operaにバグがあった場合のアップデートサービスってやってもらえるのかなあ、とか。

| | コメント (0)

2004.04.22

続 Indy Japan 300Mileの映像配信サービス

PC Watchに別記事があったので、ついでに

視聴した場所は上の記事にある画像(これ) のE席近辺でした。

接続状況は、無線のせいもあって常にバッチリ、というわけにはいかないが、 案外悪くない印象だ。

やはり、どの辺りで視聴したかの情報が欲しいところですが…。しかし、あの時接続できたにも関わらず、 パケットが全然こなかったのは何でだろう…

| | コメント (0)

2004.04.19

Indy Japan 300Mileの映像配信サービス

ツインリンクもてぎのIndy Japan 300Mileを観にいったのですが、そこで Pit Live TV というサービスをやっているというので、試しに借りてみました。

借りられる機器はZaurus(860)のみ。無線LANのCFカードがささっていて、専用ソフトを 実行すれば映像が出るように設定されているようです。(他のメニューは削除されていた)

※しかし、上のリンクにある 「Zaurus Player搭載のZaurus(近日発売予定)」…というのは何だろう、 というのはありますが。

観戦席(HONDA応援席だったり)に着いて…専用ソフトを実行すれば映像が出るはずなのですが… 無線LANの接続ができない。 んー、これでは全く問題外ではないか、と思っていろいろやってみたところ、 上にかざすと接続できる、っておいおい。そんなことでは観戦中は手を挙げつづけないと だめですか。それに、この状態での映像・音声はあるものの、視聴には全く向かないレベルでした (というか静止画&無音)。 音声が途切れ途切れという時点で、視聴の意味がないでしょう。
というわけで、借りてきたZaurusの電源を切って、 レース中はINDY Japanにあった ラップ表示(HTML、時間で自動更新)を見ながら観戦してました。やっぱりHTMLは表示が軽くていいなあ(?)。

レース終了後、もう一度電源を入れてチェックしてみると、LAN接続は問題なくできるように なっていました。人がいなくなって、電波が届きやすくなったんでしょうか (詳しいところは分からない)。 それでも映像・音声は聞けないレベルでしたが。
ちなみに、観客席前方にあるプロジェクター(の表現で良いのか?)表示は、 配信されてくる映像と全く同じで、Zaurus側が1秒ほど遅れて表示されてい いました…って、それなら最初から前のプロジェクターを見ていれば十分だという話も。

全体的に中途半端なサービスだったなあ、と。どうせサービスを行うのなら 複数映像の切り替え機能(別角度からの映像)やラップチャートの表示機能も つけるとかしないと、単純な映像配信だけではサービスとしては成り立たないのでは ないのでしょうか。 (注:Windows版ではラップチャートの表示もできるようになっていました。映像で配信されてきましたが…)

そもそも無線LANも不安定だったし…同時接続の問題を考えると、 見えるラジオの放送の方が安定して情報供給ができるのかも。

p.s. PC Watchの記事: 無線LANでモータースポーツを楽しむ~「インディジャパン2004」映像配信サービスレポート では好意的な記事ですが、たぶんグランドスタンド近くで視聴したのではないかと予想してます。
p.s.2 そういえば、試用後のアンケートで「どこで観戦したか」を記入する欄がなかったのもちょっと…

| | コメント (0)

2004.04.15

GPL違反の話

追記:4/26ごろに修正版のファームウェアがリリースされた模様です。

この中で、3 GPLは万能か? にGPL違反の事例がありますが、ELECOMルータの項目がないようです。 …えーと、E社はエプソンコーワでP社は…プロジーかなあ。

調べるとこんな感じですか(間違っているかもしれません)。

少なくとも、今のところELECOMはLinksysのような対応をとっていない、と。そういう意味では 「掲示板やメーリングリストを通じて聞こえてくる「コミュニティの声」」が有効に機能しなかった例に なってしまうんでしょうか。まだ分からないですけど。

参考:ソフトウェア盗用の事例

| | コメント (0)

2004.04.13

セキュリティホール発覚後の対応 - ルータ編

GPL違反もあったELECOMルーター(LD-WBBR/B)の話 (GPLと企業の対応) ですが。…なんだこりゃ。

えーと、これらの情報から察するにひょっとして…

セキュリティーホールがある状態で投げ売り?

…とりあえず、このメーカーに対する態度はそーゆーことにしておきましょう。

しかし、ACCSの件が何ひとつ生かされてないということがはっきりしたというのは なんとも寂しいものですが。しかし新聞にもInternet Watch(というかやじうまWatch)にも 書かれていないのは何か変ですね。ACCSも重要ですが、こちらも重要なことだと思うのですが…。 japan.linux.comにも書かれていないようですし (さすがに毛色が違うから載らないかな)。

p.s. もしも大規模なアタックがあったらどう対応するつもりなんでしょうか…

| | コメント (0)

ACCS、その後

というわけなので、読んでみました。なぜ「…(1)」なのかは分かりませんが…。

Internet Watchに掲載された 記事の 「記事内容には正確ではない個所」について:

2004年3月22日より、ACCSに対して問い合わせを数回にわたって試みておりますが、 2004年4月12日現在、未だ明確な回答を得ておりません。

とのこと。えーと…以前のインタビュー記事で

レンタルサーバー会社からは、未だ報告書をもらっていない。 こちらから弁護士を通じて内容証明を送り、3月に入って両社の代理人による 話し合いがスタートしたばかりだ。A.D.200Xも、責任を回避するような声明を ちょっと出しただけで沈黙を保っている。

ということは、

  • ACCS→レンタルサーバ会社
  • A.D.200X→ACCS

の2つが問い合わせたままのように見えますが…。両方ともACCSがからんでいるのですが、 そんなのんきな(?)調子でいいのかなあ。

| | コメント (0)

2004.04.11

Wikiで書いてココログに書き出す

最近はこのパターンが多いですが…

  • Wikiでざっと書いて、文章を固める
  • Wikiの出力結果から、文を書いた部分をコピー
  • ココログの入力欄にペースト

…などどいう方法でHTMLタグをほとんど書かずに手抜きしてます。何かアレですが。

| | コメント (0)

Wikiのページが修正された話

私が使っているサイト(もうひとつのページのところ)の話ですが、あるページの一部文章が削除されていました。 このサイトは、WalWiki(YukiWiki)を使っているので、その機能にある更新履歴が 分かりますし、RSSも出力しているので、修正が入った場合は比較的 簡単に分かるようになっています。今回はRSSリーダから見つけたわけですが。 とりあえず、修正(というか文削除)されていたところを 差分(これも機能にある)から調べて消された文を戻しておきました。 (削除された部分をみると、…うーむ)

ちなみに、修正された場所以外の修正はありませんでした。 つまり、「○○という理由で修正した」というような発言 (新ページを作るとか、TopPageに書き込むとか)がどこにも見つからなかった、 ということです。

この修正された行為自体ですが、元々このサイトはWikiという仕組みを 使っているので、誰でも修正できるようになっています。 こちらのポリシーとしては

  • 第三者に修正される可能性もあるだろう
  • 有用な情報については訂正・修正してくれるかもしれない(小人さん理論(?))
  • …なので、仮に削除されても仕方がない(バックアップをとるなどで対応している)
  • 問題が頻発するようなら修正できないように設定を変更することも考える

という考えの元にサイトを作っていました。

今回はある部分を削除されただけで、それ以外の情報は何も見つかりませんした。 現状としては、修正というか文削除した方についてはどうこうするつもりは 全くありません。ああ消されたなあ、と。それくらいです。 ただ、削除した場合は何らかの情報(削除理由など)をいただけると 一番良かったのではないかと思います。

| | コメント (2)

2004.04.09

Mainichi INTERACTIVEの変容

過去の記事へのリンクは自動転送されない。過去何年もの貴重な有益な情報が全部消えてしまった。

…あ、本当だ。http://www.mainichi-msn.co.jp/ に自動転送されるようです。全て。 昔の記事というと、例えば 5年以内に容量不足_危機回避に総務省が研究会 とか。

昔の情報が無くなったのは痛すぎますねえ。他の新聞サイトよりもいい記事が多かった (と思う)のに。えーと過去の記事は、よくある質問 を読むと、無料では過去2ヶ月までとのこと。しかも記事検索でしか使えないみたいです。 全く持って使いものにならなくなってしまいました…。

p.s. Internet Archiveを使えば読めるページが出てくるかもしれませんが、それは最後の手段ということで。

| | コメント (0)

2004.04.08

アッカと朝日新聞

メモ程度ですけど…。いろいろなところで言及されていますが、朝日新聞はどうやって顧客情報を取得したのか、 という疑問が残ってます。

| | コメント (0)

2004.04.06

督促状詐欺・その続き

やはりこの業者、同じ督促状をばら撒いていたようです。

を見るとほぼ同じ内容でした。違っているところは、お客様コード(英字のみ異なる)と最終期日(リンク先は4/7ですが、こちらは4/6)だけ。 …携帯電話の表記順が違っていましたが、何故かはよく分かりません。

この業者、ひょっとして全国にばら撒いているんでしょうかねえ。 架空請求事業者データベースというサイトもあるようで、この業者も検索できるようです。 その詳細 に、情報提供者「きっとYahooBBからの情報漏れだ」とありますが、 こっちはYahoo!BBの漏洩者リストに入っていないようなので、別ルートではないかと思います。 ただ、Yahoo!BBのことだから何とも言えないところが…(おいおい)

| | コメント (0)

MSとSunの和解とJava

和解したようですが、気になった点をひとつ。

Microsoftが今後も、ユーザーが導入済みのMicrosoft製品について、 Microsoft Java Virtual Machineのサポートを続けることを認める

うーん。結局残るということ?個人的には多分JRE1.2になっていないはずのMS Java VMはなくなって欲しいものですが…

| | コメント (0)

GPLと企業の対応

LD-WBBR/Bは買ってはいけないみたいです。(すでにいろんなところで話題になっているようですが)

こちら(LD-WBBR/Bについて)にその経緯が書いてありますが、良いんですかねえ、こんな対応で>某企業(になってない)。

しかし外部からファームウェアのアップデートができるという機能付き、というのもねえ -_-# ちなみに、修正は行わないそうで(4/6時点)。

Linux関連の商品でソース提供をしているところは、Zaurus(SHARP)、玄箱(玄人志向)、昔のGigabeat(東芝)などがありましたが、そろそろGPLを無視して商品開発&販売するような話がぼろぼろと出てくるんでしょうか。それならBSDライセンスのFreeBSDを使ったほうが、とか…?

| | コメント (0)

2004.04.03

督促状送付による詐欺パターンの例

督促状とかいうはがきが届く。一見しただけで詐欺のはがきと分かるので、こんな はがきがきても相手にしませんけど。…ということで、どんな内容かというと…

この度、ご通達致しましたのは、「貴殿名義の不良債権」(金融 機関・携帯電話・有料番組・通信販売未払い等)が当社に債権 譲渡された事に伴いまして強制一括回収にふみ切らせて頂くこ とを通告させて頂きます。当社と致しましてもなるべくお話し 合いでの円満解決を望んでおります。お客様にもご事情があろ うと思いますが、早急にご連絡下さる様お願いいたします。 このままお客様からのご連絡がない場合、遅延延滞金が加算さ れるばかりではなく、裁判所許可のもと特別回収員がご自宅不 在の場合は近隣調査を行い、勤務先訪問及び給料、財産等の差 し押さえ手続きを実行させて頂きます。その際にはお客様の個 人プライバシーが公になる事を重ね申し伝えておきます。

こんな感じです。 見てのとおり、何の債権なのか何も書いてないというあいまいな文です。 しかし、この手の督促状が普通のはがき(消印つき)で送られてくる時点で 怪しいんですけどね。しかし、はがきを読んだ人が何もしらない親(とか祖父とか) だったりするところっと…てなことにもなりそうな気がします。

ちなみに、はがきにかかれている会社名は、実在する会社名に ちょっと変更をくわえただけで紛らわしくなっています。多分住所もアレなんだろうなあ。

| | コメント (2)

« 2004年3月 | トップページ | 2004年5月 »