« ACCSの以下略 | トップページ | 「幼稚な業者こそがネット社会で最も迷惑な存在」の一例(修正版) »

2004.03.22

ACCSとレンタルサーバ業者

またACCSの話ですが、ちょっと違った方向に…。

レンタルサーバの管理面について言及されていますが、

ところが、レンタルサーバー会社からは、未だ報告書をもらっていない。 こちらから弁護士を通じて内容証明を送り、3月に入って両社の代理人による 話し合いがスタートしたばかりだ。

…ひょっとして、はずれのレンタルサーバー会社をつかまされたんでしょうか?それならログの件も 納得がいきます。(ログから他者の攻撃跡を見つけられなかった点)…単にレンタルサーバー会社にスキルがなかっただけかもしれない、って本当にそうだったらそんな業者はだめでしょう。

そういう意味では、どのようにしてレンタルサーバー会社を見つけ出したか、というところに興味が湧いてきます。 単に安いから、という理由で契約したのではないと思いますが。もしそうだったら、…それでは甘い、といわざるを得ないと思います。というわけで、

仮にレンタルサーバー会社に管理責任があるとすれば、 逆に我々はレンタルサーバー会社を選ぶ際にセキュリティ面を詳細にチェックする必要が生まれる。

…というのはこれからは(今までもそうですが)当然ではないかと。 そもそも幼稚なセキュリティ研究者以前に、「幼稚な業者こそがネット社会で最も迷惑な存在」なのではないのかなあ、と。

そのセキュリティ業者はこちらなのですが、検索していたら こちら(13Hzで稼働中!)のページを見つけまして、 そこからあるページを読むと…唖然。冗談(かもしれない)とはいえ、こんな文章を見えるところに 置いておいてはいかんでしょう…。本当にACCSって真面目に考えて契約したんでしょうか。

|

« ACCSの以下略 | トップページ | 「幼稚な業者こそがネット社会で最も迷惑な存在」の一例(修正版) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。