2016.06.04

水素水ビジネスというもの

伊藤園のお茶を買わないと決めてから、半年以上が過ぎました。

水素水ビジネスにのめり込む伊藤園、パナソニックの「品格」 ウリは「高濃度」 だけど効果は「水分補給」 WEDGE Infinity(ウェッジ)

たとえば:

伊藤園の広報担当者によれば、「水素水はあくまでも清涼飲料水。体に良いとは言っていません」

410mlで200円のこの製品。ふつーの水の2倍の価格。

さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.05

キャリアの解約とMVNOの契約

やっとキャリア2年の縛りから解放されたので、早速はじめてのMNP(docomo→IIJmio)を。ビックカメラのIIJmioカウンターはそこそこ盛況でした。

月額料金もこのように変わりました(注:人により、契約形態によって違います)。

  • docomo: 約4580円+通話料+税 (通信 3GB/月) (タイプXi2ねん&月々サポート1620円の割引あり)
  • IIJmio: 約3260円+通話料+税 (通信 10GB/月)

docomoの契約では、今までタイプXiで保たせてこの料金。ちなみに現状でカケホーダイプランにすると6000円/月(2GBプラン、2年縛りあり)。Xperia初代からdocomoにキャリアを代えてから6年経ちましたが…料金的には良いことがなかったですな。特に最近の2年。ありがとうdocomo(投げやり)

平日の通信速度downの検証については追い追い。

今回の契約変更で、緊急用として使っていたocn oneを解約してIIJmioの複数SIM体制に。端末もXperia Z2からXperia Z5(白ロム)に代えて、IIJmioのSIMカードで問題なく使えています。IIJmioのSIM設定もSIM毎に高速・低速の設定ができるのでありがたい限り。通信の最適化もないですしね


しかし、解約ページはどこも引き留め説明とそのリンクばかりで、解約ページにたどり着きにくい構成には辟易しますな。(docomoもocnも。mineoよりは多少まし?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.27

最近のPCについての雑感

2015年末のちょっとした雑感。

今年は例年と違って、新CPUが出回ってもそれに対応していない日本メーカーのPC(ノートPCなど)が結構あったりします。

…まあ、業績が厳しくなってきているのは分かりますが。Windows10版の新PC(秋冬モデル)で前世代CPUのままがどれだけあるか、というところをざっくりと調べてみました。主なメーカだけです。(★が旧世代CPU)

富士通 lifebook … CHはシリーズの構成上変えない方向?

  • GH (Win10版なしなので除外)
  • AH i7-6700HQ など
  • SH i7-6500Uなど
  • CH i5-4200U ★

NEC LAVIE (LAVIE Directでチェック) …NSだけ。何があったNEC。

  • HZ i7-5500Uなど ★
  • HF i7-5500Uなど ★
  • NS i7-6500Uなど

VAIO … 開発リソースがなさそうなのは分からないでもない

  • Z i7-5557Uなど ★
  • Z canvas i7-4770HQ ★
  • Pro13 i7-5500Uなど ★
  • S11 i7-6500Uなど  (完全新開発なので新世代CPU、でしょう)

東芝 dynabook … NECに似た構成。力をいれてなさそう。[12/28追記] 忘れていた。

  • T95 i7-6700HQ/T75 i7-5500U(★)/T55 ★ …
  • KIRA V  ※第5世代 5xxx ★
  • RX73 i5-6200Uなど

こうしてみると、何とも寂しいものはあります。来年の春モデルではどうなるんでしょうか。

かくいう私は(以下略


追記:

NEC PC、4K IGZO/Skylake搭載の15.6型ノートなど - PC Watch

VAIO Z/Canvas/Pro 13のWindows 10プリインストールモデル発売 ~Microsoftが米国でVAIO Z Canvasを販売開始 - PC Watch

VAIO、重量約920gからのLTE対応11.6型ノート「VAIO S11」 - PC Watch

富士通、オンキヨー製ハイレゾスピーカー内蔵の高級ノートなど4種 ~FMVの2015年冬モデル第2弾 - PC Watch

富士通、PCおよび携帯端末事業を2016年2月1日に分社化、社名が決定 - PC Watch



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.07

今年も(?)買い換え(?)の時期になりましたが

…いや、個人的にこの季節にXperiaを買い換えていたもので。

ですが、今年は買い換えません。しばらくはdocomoのZ2のままで。使うには特に問題がないので。今まではいろいろありました。

  • 初代Xperia:(1.6→2.1)いわゆるβ版(えー
  • Xperia Acro:(2.3)内蔵ストレージが少なすぎて、アプリをmicroSDに退避するとかの涙ぐましい努力が必要
  • Xperia Acro HD(2.3):そこそこバランスが取れていた機種。1年使う頃にはメモリが少ないための再起動とか、動きが重くなるように(OSとか
  • Xperia Z:(4.1→4.4)とにかくバッテリーが持たない(Acro HDと同じ使い方で)。カメラの起動手順も改悪。
  • Xperia Z2(4.4):充電端子が外れたこと、4Kカメラが使い物にならないこと以外は問題なし

※充電端子が外れた件についてはこちらで。 Xperia Z2の充電端子について: M-Mix

買い換えたら、やっかいな問題、というより致命的な問題もあるので、何もできません。

(1)致命的な旧プランの打ち切り 記事例:ドコモが既存ユーザーにもカケホーダイ加入を強要へ、旧プランの月々サポート打ち切り | BUZZAP!(バザップ!)
…2014年9月から。もはや何も言うことはなし。買い換えない一番の理由。

(2)買い換えの縛りを半年から1年に延長 記事例:(4/27)ドコモ、端末購入サポートの縛りを1年に延長。 – すまほん!!
…これも致命的。契約上、利用期間が13から14ヶ月以上たたないと1年扱いにならない可能性があるので、最悪発売日予約をして買い換えすると違約金を払うことになります。つまり1年半ごとに買え、と暗に言っているような気はしますな。人気機種の色は2~3ヶ月程度で売り切れるので、買いたいときにはもうないとか(半年ごとに新機種を出すからこうなる)、そういう可能性もあり得ます。

(3)他にもOSバージョンアップの問題。記事例:NTTドコモ、Android 5.0にアップデートする既存モデル15機種を発表、Xperia Z / Z1シリーズはアップデートされず | juggly.cn
(6/4の記事)発売から1年半程度のものでもやらない、と。docomoに限らずですが。むしろauや日本の他メーカーの対応数はもっと少ない。

インドでは機種は違えど5.1.1アップデートが始まっているというのに。自社アプリ対応が遅すぎです(中の人は大変でしょうが、まあ3ヶ月毎に新機種出しまくっている状況ではこんなものなのかも)。→ 6/7の記事 インドでAndroid OneのAndroid 5.1.1アップデートが開始 | juggly.cn

docomo(も含め、日本の)Xperiaの5.1.1対応も怪しいものです。

…そんなわけで、しばらくは様子見です。とはいえ料金プランの追加・変更がない限り、来年の2年経過と強制プラン変更が待っています。それまでに状況がどう変わるか、ですね。

…国内XperiaZシリーズ(おさいふケータイ付き)のSIMフリー版が出れば、即動くところですが。

追記:海外では(6/7記事):ソニー、Android 5.1 Lollipopアップデートを海外で7月開始。Xperia ZシリーズやT2 Ultraなど対象 - Engadget Japanese

追記2(6/28):さらに致命的なことが。

(4)今まで知らなかったのですが、いつの間にか「最適化」の名の下に画像を勝手に再圧縮(&サイズ縮小?&ファイル改ざん)をしてくれるように。ある期間中に契約すると勝手にONにされるという。

ハッハッ、見ろ!第1種電気通信事業がゴミのようだ!! #通信の最適化() - Togetterまとめ

ふざけるな!、である。他きゃりあもそうだし、もうMVNO契約でないとやっていけないのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.03.23

Xperia J1 Compact

Xperia J1 Compact。性能は最高ではないですが、

  • 国産(である必要はないが、できれば)
  • SIMフリー端末?(多分。現在So-net PLAY SIM必須で売られているだけ?)
  • テザリングロックなし(要はdocomoの専用仕様とかではない)
  • おさいふケータイ可能(!)(まだモバイルSuicaは未対応) ←(2015.12追記)使えるようになりました。

という、素でこの機能なので、ある意味個人的に待っていたものがやっと出てきました。性能は仕方ないですが…。

ドコモ版Xperia Z3 Compactの「テザリングロック」が邪魔すぎて、Xperia J1 Compactでさえありがたい。 – すまほん!!

2015.12追記:モバイルSuicaが使えるようになりました。

SIMフリー機でもモバイルSuicaが使えるように。Xperia J1 Compactなど3メーカー6機種に対応 - Engadget Japanese

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.22

新VAIO Z所感 その2(Lavie HZとちょっと比較)

VAIO Zをソニーストアでちょっと触ってきました(Lavie HZはすでに触っていたり)。SONYから離れた割には、ちゃんとVAIOのスペースがあるにつけ、SONYなしではVAIOの存在感はないのかなあ、と思ってみたり。というか、未だにSONY製品と間違われる始末。

例によって、個人的にLavie HZと比較してみましょう。

キーボードについては、思っていた以上に感触は良かったです。比較対象としているLavie HZよりは良い感じはしますが、どちらも問題ない程度。懸念されていた重量ですが、1.34kgの重さを旧VAIO Zで知っている身にとっては、「そんなに重く感じない」という謎の感覚が。確かに重量はあるんですけども。マルチフリップヒンジは…色々と試してみましたが…タブレットモードはいらないなあと、とりあえずは結論。1.34kgのタブレットモードで使うよりは、単にクラムシェルでタッチできれば良いんじゃないか。

金額的の比較(Lavie Direct/SONYストア)は、ほぼ(?)同スペックならあんまり変わらない。多分。VAIOのCPUは妥協していますが、それでもVAIO側が高スペックか。重さ以外は。

PC     Lavie HZ             VAIO Z                 コメント
重量   920g                 1340g(1.34kg)          <+420g。>
CPU    Corei7-5500U(2.4GHz) Core i5-5257U(3.10GHz) <結果的にVAIOが速い?>
GPU    HD5500               Iris6100               <これはVAIOの方が良い>
画面   13.3 2560x1440       13.3 2560x1440         <IGZO(但し表面フィルム)かPanaか>
メモリ 8GB                  8GB
SSD    256GB(SATA)          256GB(PCIe)            <PCIeの方が速い>
バッテリー 9h               15.2h                  <VAIOの方が長い>
価格   198800               209800                 <税別>

さて、どうでしょう、てなところ。

とまあ色々ありますが、全体的な感想としては「そんなに悪くない」(良いとは言わない)。惜しむらくはやっぱりマルチフリップヒンジと重量。あと重量。あと重量(おい)。

121ware.com > 製品情報 > LaVie Direct HZ タッチパネルモデル > 仕様

VAIO | 商品情報 | VAIO Z

(随時修正中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.02.17

新VAIO Z所感

新VAIO Zの所感をざっくりと。(Canvasは高いので、範囲外)

昔のZ2(GPU分離型)のような明らかながっかり感はなかったですが、言わば「VAIO Fit Z」みたいな印象。「モンスターPC」と言う表現ですが、うーむ…。

2in1にこだわる必要は無かったと思うのですが。マルチフリップヒンジを外してWANをつけてくれれば良かったかなと。さらにクラムシェルをもうちょっと突き詰めてもっと軽くしてくれれば…

個人的にはVAIO ZとLavie Hyblid Zero(と、今持っている初代Lavie Z)との比較になるのですが(他メーカはだいたいがVAIO Zくらいの重さになるので…)、調べてみると、キーストロークはともに1.2mmだったりするので、キーボードの善し悪しは関係ないかなと。キーボード最優先ならThinkPad X1になりますから(多分?)

ということで、簡単にまとめてみると、

  • VAIO Z:CPUの内蔵GPUがIris、メモリが16GBまでいける、1.34kgの重さ。バッテリーは公称約15.2 から15.5 時間。値段はやや高?
  • Lavie HZ(タッチパネル):軽い(920g)、メモリ8GB、液晶はIGZO。バッテリーは公称約11.6時間。

こんな感じ。単純比較では、CPU(GPU)&メモリを取るか、軽さを取るか、というところになると思われます。

…見方を変えれば、常時使うPCをVAIO Zにして、持ち運び用PCを初代Lavie Zにする、という考え方もありですけど。そこまでやってどうするという話もありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.09

使いたい放題その2

まさかこの時期に日本通信が追従してくるとは思いませんでした。

日本通信、高速通信使い放題1,980円、b-mobile SIMから新登場

b-mobile SIM 高速定額 | b-mobile

音声通話、MNPにも対応しているので、「次」への乗り換えについての有力な選択肢になってきました。

あとはIIJがどう動くか、ですが。

(OCNはパスワードネタがとてつもなくアレ、なので、使いたい放題プランがでてきても、ねえ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11(第1部完)

…えー。そろそろ日記形式は止めます。

フォアハンドストロークは微妙に(?)安定してきた模様。バックハンドも、普通に打つにはまあ問題なしのレベルまで来た、はず。サーブは筋肉が疲れてなければ何とか速い球で入れられるようになってきた。懸案はバックハンドボレーもの。昔はそんなに苦にしていなかったんだが、実戦ベースではポカが多いというか。

まあ、週2回とか3回とかできれば矯正も早いかもしれないですが、週1ですから仕方がないかと。とはいえ、体力はだいぶ上がってきた(戻ってきた?)のが自覚できてくるくらいなので、多少の無茶をしても2時間くらいはそこそこ大丈夫になってきたのは良いことですか。

今後は回数を重ねて中級に上がるべきかどうかを考えつつ、体力を上げつつ。というわけで
ひとまずはこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.12.01

10

前回と同じ。

  • レシーブはちゃんとした練習時間をとってやった方がいいが…一番練習できないタイプのものだし、難しいところ。
  • メモ:フォアハンドストロークのスピンはサイドスピンっぽく打つと自然に回転が掛けられる…かもしれない(これから要練習)

今回は以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«9